ほぼリピートにんにく卵黄

にんにく卵黄というもの試したことがなくても聞いたことがある人ばかりだと思います。1億袋売れたと言われ5秒に1人が勝っている計算になるそうですが、なにがそんなにいいのでしょう。独自の製法で作られたこの商品は自社農場で作った有機にんにくとつまんでも崩れないと言われる有精卵黄を使っていてそれぞれの成分でみるみる効果をはっきしてくれるのです。血圧を標準に保ち、血液をさらさらにしたり、悪玉コレステロールを追いやり、美容や疲労回復や睡眠不足、そして花粉症を軽減したり更年期障害にも対応し、動脈効果や心臓疾患の発生率を減らしたりしてくれると挙げればきりがありません。目覚めが良くなり、気力が湧いたりと自然に元気になっていきなんとリピート率は97.7%と驚異的な数字を打ち出しているからと人気で私も親が購入しているので是非効き目を聞いて取り入れたいです。

にんにく卵黄を手作りしてみよう!

にんにく卵黄は色々なメーカーからサプリメントが販売されていますよね。寒くなり免疫力が低下するこれからの季節、風邪予防にも是非にんにくと卵黄のパワーにあやかりたいところです。健康食品として服用しても良いのですが、実はにんにくと卵で手作りもできてしまうんです。作り方は、まずにんにくを柔らかくなるまで蒸し器か鍋で蒸し、蒸し上がったにんにくと卵黄、ハチミツをフードプロセッサーでドロッとした状態になるまで撹拌します。次に、それを鍋に移し、ごま油を加えて強火にかけ8時間ほど根気よく煮詰めます。煮詰めると黒く変色して耳たぶくらいの固さになります。手で触れるくらいまで冷やし、一口大にちぎって棒状に伸ばし、包丁で切ることができる固さになるまで約半日ほど乾燥させます。最後にそれらを5㎜程のサイズにみじん切りして、さらに10時間ほど乾かして完成です。手間はかかりますが、これは何と江戸時代から伝承しているレシピなのだそうです。

にんにく卵黄で冷え知らず

そろそろ冷え性の人には非常に厳しい季節がやってきます。それは言うまでもなく足の末端が冷えてしまうことです。足が冷えてしまうと本当に過ごしにくいですし、寝るときだって温めないとぐっすりと眠りにつくことができないのです。良質な睡眠をとることができないということは健康にも大きな影響を与えてしまいますので、冷え性という自覚を持っている人は早い目ににんにく卵黄のサプリメントなどを飲んで体を温めて冷え性と闘わないといけないです。にんにくだから口の中が臭くなってしまわないかという心配もあるかと思いますが、臭さを感じることはほとんどないので、仕事をしている人でも安心して服用することができます。それににんにく卵黄を飲み続けていると次第に冷え性知らずの体質になってきますし、苦手な冬だって頑張って乗り切っていくことができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です